FANDOM


 
Gametitle-FO1Gametitle-FB
Gametitle-FO1Gametitle-FB

Vault 12Vault-Tec社の核シェルターであり、カリフォルニア州ベーカーズフィールドの都市の下に建設されたVaultである。約1,000人を収容し、供給できるように作られていた。しかし実際はドアが閉じないようにすることで、選ばれた人々に対する放射線の影響を調べることが目的だった。これは後にグールの街、ネクロポリスとなる。

背景編集

戦前の宣伝編集

Transcript

ベーカーズフィールドの広大な大都市の地下では、Vault 12の雄大な技術力があります。Vault居住者の為に全ての快適さを念頭に置いて造られています。Vault 12は核戦争への対策が評価され、「プレス加工Vaultスーツ」賞を与えられました。はるか地下に埋められたVault居住者が受ける保護は、これまでにないものになるでしょう。他の全てのVaultと同じように、Vault 12には最新の浄水システムが備えられています。ベーカーズフィールドの下水道にある廃棄物を取り除くことのできるこのシステムは、毎日15,000ガロン以上の純粋で清潔な飲料水を供給することができます。

出典: Vault locations v34.129 ホロディスク

構造編集

Vault 12はVault居住者が見つけることのできる他のVaultと、構造的にはほぼ同一です。地下一階には入り口と医療研究室があり、地下二階には完全な居住区がある。地下三階は娯楽室、武器庫、コマンドセンターが含まれる。コマンドセンターは他のVaultには存在する、監督官のための空間が不足する。これはVault 12が、長期間の隔離を想定して作られたVaultではなかった為である。Vault 12は完全に扉が閉まることは無かったので、85年以上も外気に晒され、メンテナンスも行われなかった為に著しく汚れており、風化が進んでいる。しかし僅かなドアとコンピュータ、エレベーターは現在も使用可能である。

多くの光りし物が未だにVaultに住んでいる。ウォーターポンプが修理されていないのに浄水チップを取り外した場合、Vault居住者を攻撃してくるが、スニーキングで簡単に回避することができる。ポンプが修理されている場合、Vault居住者が略奪しようとしない限り敵対しない。これは光りし者が完全な精神的能力を保持することを証明する珍しい機会のひとつである。アイテム自体は少ないため、Vault居住者がリスクを犯してまで略奪する必要はあまりない。

浄水チップはコマンドセンターにある。唯一使用可能なコンピューターに取り付けられているため、実は簡単に見つけられる。

最初に会う光りし者が生き残ったままの状態で、ウォーターポンプを修理しウォーターチップを取り出すと、他のグールが脱水で死んだ後でさえ残り続け、これについて喋る。

下水道の入り口 (Fallout)編集

Fo1 Vault 12 Level 1

入り口

ここへは流域下水道を下って来ることができる。それ以前ではグールの囚人の部屋のとなりにあるハシゴから降りなければならなかった。2匹の光りし者がここにいる。左側の廊下の突き当りにエレベーターがある。

居住区編集

Fo1 Vault 12 Level 2

居住区

地下二階。6匹の光りし者がいる。地下三階へはエレベーターを使用する。

コマンドセンター編集

Fo1 Vault 12 Level 3

コマンドセンター

最下層、地下三階。またも6匹の光りし者がいるが、死体が1つある。赤と青色のライトがついたコンピュータが東にあり、そのコンピュータをいじることで浄水チップを得られる。

住人編集

2077

FOBoSLogo情報はFallout: Brotherhood of Steelに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

登場作品編集

Vault 12 はFallout にのみ登場し、Fallout Bibleで言及される。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki