FANDOM


 
Gametitle-FNV
Gametitle-FNV

"Industrial Junk"

Vault 11が封鎖されて長い月日が流れましたが、 その凄惨な過去を知る人々がわずかながら存在しています。

Fallout: New Vegas ロード画面

Vault 11は、Fallout: New Vegasに登場するロケーションで、Vault-Tec vaultの1つである。モハビウェイストランドにあり、ボルダーシティーの西、第188交易所の西南に位置する。

背景編集

Vault 11はおそらく2060年台半ばから、2070年台初頭にかけて他のVault-Tec社のVaultと同じように建設された。例によってVault 11は社会実験の対象だっ た。Vault 11の実験は、毎年ある時期に居住者の誰か一人を生け贄にしなければならない、と言われるものだった。これを拒否すれば全ての居住者が殺されるとされたが、実際は住民が選択を拒否した場合、”解決策の回答メッセージ”が流れるはずだった。自分が生け贄にならない選択をすると、居住者は”人類にとって輝かしい例”であり、誰も殺されない、といった内容のメッセージが流れる。またその際にはVaultの扉のロックが解除され、外の世界へ移り住むことができるようになると知らされる。しかしVault 11の居住者が仲間を生け贄にし続けることを拒否した時点で、生存者は5人しか残っていなかった。

"選挙"と監督官の役割編集

Vault全体のコンピューターターミナルから集められる情報によれば、Vaultの居住者は全員の中から毎年誰を生け贄にするかを選ぶ必要があった。そのため監督感は任期の終わりに、Vaultのコンピュータを使うために監督官室の地下にある司令室へ入る必要があった。生け贄が監督官である必要はなかったのだが、生け贄が選ばれなければVaultを管理しているコンピュータは全ての居住者を殺害するとされていた。最初の居住者のうち、監督官だけは毎年生け贄を出す必要があることを知った上でVaultに入った。最初の居住者たちは、Vaultがすでに封印された後でこのことを知ったことに対する怒りから、監督官を最初の生け贄(自分たちを裏切ったもの) として選んだ。この決定は、監督官が生け贄になる、という伝統を生んだ。

その後Vault 11では、他の居住者への影響力と支配力を得るためにいくるかの選挙ブロックができた。あるとき、最後の選挙を目前にして、最も力を持つ正義ブロックのリーダー、ロイ・ゴットリーブキャサリン・ストーンに会った。ロイはキャサリンの夫、ネイサン・ストーンを監督官候補として指名すると脅し、自分を含めた正義ブロックの全員に性的奉仕を強要した。キャサリンは夫を心配し、それに同意した。(記録ではネイサンがポーカーゲームで勝ち続けた事が敵を作った原因でないか、と示唆されている) しかし約束とは裏腹に、正義ブロックはネイサンを候補者として承認した。候補者は基本的にコミュニティへ不安を与えたり問題がある人々であったため、彼らは通常、いくつかのブロックにより候補者として承認されるが、ネイサンの場合は正義ブロックだけが承認した。

ネイサンの運命を知ったキャサリンは、夫を救わねばならなと決意し、自分ができる唯一の方法を選んだ。彼女は正義ブロックのメンバーをストーキングし、投票の過半数ギリギリになるまで殺し続けた。彼女は捕まったと同時に、すぐに自分の犯した罪を話し始めた。そして彼女の計画と共に自身の推論も話した。キャサリンは、殺人を犯した自分が夫の代わりに選ばれるだろうと確信していた。

キャサリン・ストーンは監督官となり、初めに「監督官命令#745」を実行した。彼女は監督官選挙プロセスの即時廃止を宣言し、年次選挙の代わりに、1人の市民がメインフレームの乱数ジェネレータで任期開始の1ヶ月前に選ばれる、と定めた。選挙という脅威を利用してVault居住者の寿命をコントロールする術(すべ)を失った正義ブロックは、自分たちの一人が選ばれることを恐れるだけでなく、Vaultの社会構造へのダメージを心配した。また自分たちが永久に権力を失い、地位が逆転することも受け入れられず、この決定に反対した。正義ブロックのメンバーたちはキャサリンに監督官命令#745を撤回させるため、武力行使によるクーデターを執行することを決めた。この争いにより、生き残っていたVaultの居住者たちの殆どは殺された。そして最後には、わずか5人しか生き残っていなかった。

最後のいけにえ編集

プレイヤーがVault 11に入る時、プレイヤーが見つけることができる最初の音声ログは、最後の生存者たちの運命を記録している。(日本語版はなぜか登場する全ての登場人物の声優が同じ人物で録音されている為、誰が話しているのか非常にわかりにくい仕様となっている) 生け贄を選ぶ時、彼らはVaultコンピュータに逆らい、どんな犠牲を払うことも拒否した。そして、彼らの抗いがVault 11にとっての真の目的であったことを知った。彼らは自由となり、Vaultを出ていく権利を与えられ、無私無欲を祝福された。

Vault 11のおぞましい真の目的と実験内容を知った後、5人の生存者はVaultで起きたあらゆる出来事の罪を被り、外の世界の人々に同じことを繰り返させないため、自殺することを提案した。しかし全員の意見が一致しているわけではなかった。音声ログでは、5人がどうするかを議論するところから始まる。(日本語版は全員同じ男性の声) "人物:1"と呼ばれる男性が、他の4人(男性3人と女性1人)にVaultから脱出するよう説得している。人物:2(女性)、人物:3( ハリー)、人物:4と5はVaultの実験について知った後、自殺すべきだと考える。音声ログの終わりには、4発の銃声が聞こえ、誰かの手から銃が落ちた音ののち、人物:1のため息が続く。4人の死体はVaultのエントランスで見つかる。

構造編集

エントランス編集

原子炉と浄化システムは2281年に起きた居住者同士の内戦により破壊され故障した。放射能、特に汚染水はVault 11における危険因子の一つである。したがってVault 11へ入る際はRADアウェイRAD-Xを持っていくことが推奨される。Vaultの一部が浸水しているため、ネリス空軍基地リブリーザーを得ると探索が楽になる。(クエスト:Volare!) しかし浸水区域には空気を補給できる場所もある。下層階の放射線以外の脅威は、Vaultに入る際に戦うであろうジャイアント・マンティスジャイアント・ラット、そして2匹のバークスコーピオンだけである。

Vaultに入る前、外のドアの右にはくぼんだ岩がある。入り口のトンネルは様々な大きさのマントと数匹のバークスコルピオンがいる。開いたVaultのドアは、東海岸でみられるVaultより大きなエントランスへつながっている。ここには4体の白骨化死体があり、ドアの近くのターミナルでは運び屋がVaultの運命に関する情報と音声ログへアクセスできる。隣の部屋には医務室へのドアがある。左には教室と葉巻のある部屋、そして廊下があり、突き当りは行き止まりとなっている。右にはバスルームがある廊下と医務室への別の入り口があり、端に階段がある。

エントランスホールに最も近い階段は、研究室のあるフロアとつながる下へ降りる階段である。反対側の階段はコンピューター室を含むフロアにつながっている。コンピューターのひとつはブービートラップ化されており、触ると爆発する。

新たな監督官を決める選挙の宣伝のため、全ての部屋がポスターで埋め尽くされたが、候補者たちは承認されたことに怒りを表し、無実の主張と他の候補者の罪を指摘し監督官にすべきだと主張している。Vaultの下層では、複数のトラップと白骨化死体が散乱し、長い争いがあったことを示している。

居住区編集

階段は男性と女性の部屋へ繋がる出口と、"Admin"というラベルがついた別の出口をもつ大きな共同部屋へつながっている。これは監督官のオフィスとユーティリティルームがある階へつながる。またこの共同部屋は長く連結した部屋であり、Vault 11のジャンプスールが見つかる唯一の場所である。もう一つの音声ログはロックされた端末で聞くことができ、パスワードは2、3フィート離れた小型トランクにある。

ボクシング入門のスキル本が、女性用の部屋にある。部屋に入って2つめのドアの右、倒れたドレッサーの下である。男性の部屋には火炎放射器燃料5.56mm用弾薬が、大きな動かないモップバケツの下に隠されている。

"Admin"と記されたドアを通り、階段を降りて左に行くとミニ・ニュークがある施錠ドアがある。(75のLockpickスキルが必要)このドアは隣のターミナル(75のScienceスキル)によって開けることもできる。セキュリティオフィスには、キャサリン・ストーンの宣誓証書が見られるターミナルと、いくつかの弾薬がある。ホールの反対側には下層階へ通じる階段がある。

下層階編集

監督官のオフィスは廊下の右にある。入り口に装備されたショットガントラップがあるため、注意して入る必要がある。ロックされたターミナル(パスワードが必要)と、いくつかのランダムなアイテムが部屋に散らばっている。

監督官のオフィスを通り過ぎ、アトリウムへの通路があるが通路は通れない。オフィスの前の廊下はユーティリティと妨害されたアトリウムへのもうひとつの通路に繋がる。

Brotherhood of Steelのクエスト、Still in the Dark のクエストアイテムは、監督官のオフィスと同じ階のユーティリティと記されたドアに入り、階段の下へ行く。そして水中へ続く階段の先、一番奥のドアまで進む。差動圧力コントローラーはその部屋の右側のロッカーにある。

アトリウムへ入るには、ユーティリティから浸水したエリアを進み、汚染された技術室を通る必要がある。完全に浸水した原子炉階層を避けるには、50のLockpickスキルを必要とするドアを開ける必要がある。これは浸水エリアを通らない唯一の方法である。浸水エリアに酸素補給地点は一箇所しかないので、プレイヤーがダメージを受けずに進むにはかなり慎重な行動が必要とされる。一つ目と二つ目のドアを開け、酸素補給地点へ到達するルートが推奨される。息が切れる前に次の階段へ進むことができる。(Volare! で手に入るリブリーザーはここでも役立つ)

アトリウムにはVault 11の監督官のターミナルパスワードがある。上部のバルコニーのターミナル、または下部の表彰台にある、行政監督官ガス・オルソンの演説原稿: 年次監督官選挙用 ホロテープから知ることができる。このエリアのVaultカフェテリアには、大量の食料と救急箱が備えられており、かなりの食物と薬品を得ることができる。またカフェテリアの出入り口には致命的な爆発トラップがあるため注意するべきである。カフェテリアの後ろにはキッチンがあるが、ガス漏れしており爆発性の罠と連鎖するようになっている。

いけにえの間編集

前記のパスワードで監督官のターミナルにアクセスすると、机の下にある部屋を開くことができる。これは長いトンネルに通じている。運び屋が明るく照らされたドアに近づくと、予めプログラムされた声は話し出す。トンネルの突き当りにはプロジェクターに加え、一つの椅子が真ん中にある部屋がある。声はプレゼンテーションを始めるために、プレイヤーに座るよう指示する。プレイヤーが素早く応じないと、声は「あなたは椅子に座る、選択肢がありません」と言う。プレゼンテーションが始まるとすぐに出口は封鎖され、プロジェクターには楽しいシーンが表示される。あなたは楽しい人生を送った、そして次の人生はもっといいものになると言い、声が生け贄を安心させる。プレゼンテーションが終わると、部屋の両側にある壁がスライドし、4台のロボットと8台のタレットがプレイヤーを蜂の巣にする。プレイヤーがプロジェクターが終わるまで座っているとロボットとタレットがすぐにプレイヤーを攻撃するので、おそらく死ぬだろう。ロボットたちが壊されると、Vaultメインフレームコンピューターのある小さな部屋に入れるようになる。このコンピュータはドアのロックを解除し、Vaultの真の目的を明らかにする。このVaultの目的は、居住者がどれだけ人を犠牲にし続けるか、そして犠牲を払うことを拒否するのに、どれだけ時間がかかるかを観察するためのものであった。

"Happy Trails" スライドショー編集

注目すべき戦利品編集

  • ステルスボーイ - セキュリティオフィスの二つ目の弾薬ボックスから。
  • ヌカ・コーラ - カフェテリアのキッチン区域。大きな金属製クレートの中。最大20本。

関連するクエスト編集

ノート編集

  • BGMはFallout 2GeckoFalloutJunktownでも使われた Industrial Junkという曲である。
  • プレイヤーがVault 11を去る時、差動圧力コントローラーを回収していないと、クエスト:Still in the Darkが失敗することがある。
  • このVaultには多数のジャイアント・ラットがいるため、仲間レックスがいると、全てのジャイアント・ラットが死ぬまで今いる床のまわりで絶えずうなり続け、大股で歩く。レックスが警戒状態だとプレイヤーは通常、レックスと話すことはできず、コンパニオンホイールで"話す"を選択すると、レックスはバウバウと吠えるだけである。
  • 教室エリアを通り過ぎる時、(Vaultのエントランスから出てすぐ左の廊下) NCR trooperNCR兵の死体が見つかる。
  • 入り口からモハビ・ウェイストランドへ戻ろうとする時、方角は南である。しかしVaultから出ると、実際には南東を向いている。
  • Vault 11はFallout: NewVegasのオープニングムービーに登場している。
  • Vaultのドアが閉じられるとき、ドアに記された番号は他のVaultのドアのように点灯しない。
  • Wild wastelandのparkを持つ時、変わったサイズのネズミがここに現れる。
  • 犠牲の部屋でのプレゼンテーションが終わり、ドアが開いた後、そこには16体の白骨遺体がある。
Icon cut content情報はFallout: New Vegas cut contentに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.
  • 最初の音声ログは5番目の生存者の運命に関して曖昧であるが、Fallout: New Vegasのリソースには、"Vault 11の生存者"として設定された男性NPCが存在する。彼はゲームのリリース、前に没となったが、少なくとも音声ログは最後の人物が生存していることを示している。
Icon cut contentFallout: New Vegas cut contentに基く最終的な情報です

登場作品編集

舞台裏編集

  • Vault 11 はEric Fenstermakerにより制作された。
  • Vault 11は、権威的存在への服従に関するミルグラム実験の可能性がある。ミルグラム実験は、普通の平凡な市民が一定の条件下では冷酷で非人道的な行為を行うことを証明するための実験である。いけにえの部屋の椅子に座るよう指示する命令は、明らかにミルグラム実験で実施された方法に従っている。
Vault 11 ミルグラム実験
ようこそ。イスにお座りください。ショーはそろそろ始まります 続行してください
このショーはイスに座ることが必要です この実験はあなたに続行して頂く必要があります
イスに座ることが不可欠なのです あなたに続行して頂く事が不可欠なのです
他に選択肢はありません。イスに座ってください 他に選択肢はありません。続行してください

英語版は殆ど文章が一致する。

Vault 11 Milgram experiment
Welcome. Please sit in the chair. The show is about to begin. Please continue.
The show requires that you sit in the chair. The experiment requires that you continue.
It is absolutely essential that you sit in the chair. It is absolutely essential that you continue.
You have no other choice. You must sit in the chair. You have no other choice. You must go on.
  • Vaultで行われた一連の出来事は、シャーリイ・ジャクソンThe Lotteryに含まれる短編「くじ」、からインスパイアされた可能性がある。物語では、毎年抽選が行われ、「勝利」した人は石打にされ死に至る。石を投げることはコミュニティの繁栄を確実なものにするとされている村が舞台の話である。この短編はアメリカで非常に有名な短編のひとつで、"刺激"のなかった当時の人々に、絶大な影響を与えた。
  • Vaultのいけにえシーケンスは、映画、ソイレント・グリーンの安楽死のシーンに非常に似ている。
  • スローガン、”I Hate Nate”のポスターは、米国のドワイト・アイゼンハワー大統領の”I Like Ike”キャンペーンへの言及である。

バグ編集

  • xbox360Icon xbox360 ps3Icon ps3 いけにえの部屋のコンピューターでの選択時、最後のオプションを繰り返し選ぶことで無限に経験値を得ることができる。ターミナルから外れると、このバグは再現できなくなる。(修正済み)[verified]
  • xbox360Icon xbox360 ps3Icon ps3 ジャイアント・マンティスは大きすぎるため、家具と地形によりすぐに動けなくなる。[verified]
  • xbox360Icon xbox360 pcIcon pc 男性部屋の中央北にあるドレッサーは、何も入っていないにも関わらず「カラ」の表示が出ない。[verified]
  • pcIcon pc xbox360Icon xbox360 ps3Icon ps3 いけにえの間をクリア後、 The House Always Winsが失敗することがある。このバグはコンパニオンと一緒にいるときに起こるため、いけにえの間に入る前にトンネルで待機させることが最善と思われる。[verified]
  • ps3Icon ps3 xbox360Icon xbox360 ED-Eを気絶させると消滅し、Vaultにいるかのように表示されることがある。[verified]
  • ps3Icon ps3 何も入っていないにも関わらず「カラ」の表示が出ないロッカーがある。[verified]
  • xbox360Icon xbox360 無限の経験値バグは、ジャイアント・マンティスの死体からマンティスの前足をコンパニオンに取得させることで発生する。[verified]
  • pcIcon pc Vault内部でセーブすると、ロード時にコンパニオンが消えることがある。[verified]
  • pcIcon pc xbox360Icon xbox360 いけにえの間への階段を降り始めると自動でセーブされるが、そのセーブしたゲームをロードするとクエストが止まってしまうことがある。プレイヤーが廊下の最後まで歩いて部屋に入ってもイベントが始まらない。(Vaultを一度出て再び入る方法は検証されていない。それは完全にリセットされる可能性がある。)[verified]
  • xbox360Icon xbox360 ロックされたセキュリティルームの中に、ステルスボーイがスポーンしないことがある。[verified]
  • pcIcon pc xbox360Icon xbox360 NCR憲兵が突然カフェテリアに現れることがある。彼らは簡単な会話の後、突然攻撃してくる。[verified]

Gallery編集

Vault 11

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki