FANDOM


 ... 
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FO4.pngGametitle-FOT.png
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FO4.pngGametitle-FOT.pngGametitle-FOBOS.pngGametitle-FB.pngGametitle-VB.png

不確実な将来のため、安全性に革命を起こします

— Vault-Tec Corporation スローガン

Vault-Tec社[1]アメリカ合衆国政府との契約を結んでいた戦前の企業でした。巨大で複雑な核シェルターであるVaultの設計や建築、システム開発、ネットワーク管理を行っていた重工建築企業です。

背景編集

FOBoSLogo.png情報はFallout: Brotherhood of Steelに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

Vaut-Tecは当時最高の先進技術使用して巨大な地下シェルター、Vaultを設計、建設した企業でした。Vault-Tecは大戦争の前に交わされた政府との軍事契約により、非常に実験的で高度なテクノロジーを用いる機密技術を開発していました。やがてそれは合衆国政府に部門が作られるほど完成されたものとなり、最終的にVault-Tecはペンタゴンの最高機密軍事研究所と統合されました。

Vault-Tecは公的機関ではない個人会社の範囲に留まっていましたが、合衆国政府との強い繋がりは、Vault-Tecの幹部経営陣、一流科学者やエンジニアなどの主要な人員たちに、セーフハウスプロジェクトの本当の目的を気付かせる要因となっていきました。

合衆国政府の指令に関係なく、Vault-Tecの上層部や主要な役員たちは、わざわざ高価なクジを引いて自分たちが建築した、"故意に不完全な"Vault施設の中で、沢山の人たちと地下で生きていくつもりはさらさらありませんでした。Vault-Tecはより大きく、Vaultの管理ネットワークから外れた、彼らのような最高の社員と彼らの家族のための個人的なVaultを建設し、合衆国政府には秘密にしていました。この施設は現在、Secret Vaultとして知られています。

Vault-Tec Logo.png

錆びついたVault-Tecのロゴ

Vault-Tecはそこで足を止めませんでした。核戦争後の環境の最中、人類のためになる新しく、より多くの先進的技術を研究するのに、この秘密の施設は用いられました。まず手始めに、"Forced Evolutionary Virus" (FEV)の研究が行われました。これはウイルスの用途が政府に制御されたVault 87の研究と違い、研究成果は合衆国政府から隠されながら進められました。Secret VaultのFEV研究は当初の目的を達成しますが、変異する過程で不妊症になってしまうのを避ける試みが行われました。そのためSecret VaultのFEVは非常に多くが修正されている事が知られています。しかし、この修正は失敗していることが判明しました。

Vault-Tecは自分たちの使用を意図したプロジェクトも行っていました。それらは自身をロボット化するものや、特別な生物兵器プログラム (この結果がおそらくradroachの特殊な種やdeathclawの様々な種のバリエーションに繋がったと思われます)、急速な細胞の再生による効果や高度な生物医学的研究、さらにはVault-Tecの人員によって使用されることを想定したオリジナルモデルのpower armorの開発などを含んでいました。

FOBoSLogo.pngFallout: Brotherhood of Steelに基く最終的な情報です

セーフハウスプロジェクトと社会保存計画編集

Vault-Tecの最も注目すべき成果は、Vaultでした。公式的にはVaultは"セーフハウスプロジェクト"の一部分であり、アメリカの人民を核による大虐殺から保護する事とされていました。しかし実際には、より恐ろしい目的を有していました。そしてそれは「社会保存計画」として知られていました。

結果的にVaultは、核戦争による破壊や疫病の世界的流行からアメリカの人民を護ることは出来ませんでした。2077年までにアメリカの人口は4億人に達しており、あらゆる男性、女性、子供たちを保護するためには40万戸以上のVaultが必要でした。しかしVault-Tecは合衆国政府によって、122戸というとても少ない数のVaultのみを作るよう指示されていました。

Vaultの建設の本当の目的は、予め選ばれた人間たちを極秘裏に実験する為でした。政府は彼らが隔離に対するストレスにどのように反応するか、そしてVaultが開いたのち、彼らがどれくらい首尾よく汚染された地球に再植民するかを注意深く観察するためでした。

更には、殆どのVaultが生きた人間の被験者に対し、しばしば不道徳的な実験を行えるよう、設計されました。各Vaultで行われた目的と実験はそれぞれ異なりました。例えばVault 87においては、FEVを使用した人体実験、Vault 92ではホワイトノイズを使用したスーパーソルジャーの作成、Vault108ではヒューマノイドのクローン化実験、Vault 101では絶対的権力者の元での永久隔離実験、Vault 106では向精神薬の過度の使用や神経ガスによる人体実験、Vault 112ではバーチャルリアリティシュミレータの拡張実験など。


このプロジェクトは、Enclaveと呼ばれる組織により運営されました。この恐ろしい実験を管理するために、連邦政府の役人やVault-Tecの重役達で構成された陰の組織でした。Enclave自分たちが核による大虐殺後の世界に再植民するのに最も適した存在だと考え、彼ら自身のシェルターの建設をVault-Tecに依頼しました。そして造られたシェルターはVaultの管理ネットワークから分離されました。EnclaveはVaultによる実験結果によって地球に住むことが適さないと判明した場合、別の惑星に植民する事を最終目標としました。

実験は別々の施設でVault-Tecの研究者により監視されました。時々選ばれたVaultの住人(それらの殆どは監督官)は、実験の本質に気付きながらも、データを集め続けたのでした。

実験により集められたデータは成功であったと考えられるかもしれません。少なくともVault-TecやEnclaveの科学者にとって、得られたデータは数十万人の命よりはるかに重要でした。科学者たちは、トレードオフ関係にあると感じていました。彼らは、大部分のVault居住者は、Vaultという場所がなければ死んでいたも同然だ、と考えていたからです。

Vaultは居住者の潜在的な寿命以上の耐久年数を保つよう設計されていましたが、多くのVaultは設備や資源が不十分であり、常に修理問題を抱えていました。それらが故意に壊れやすく造られたかどうかに関係なく、各Vault内の設備の多くは常に不調でした。これはVault-Tecが設備や資源を実験的なVaultにつぎ込んだからかもしれません。そして劣悪な環境や資源の枯渇に困窮したVaultの住人は、Vaultを捨てて汚染された地上へ出て行きました。多くの理由として、ウォーターチップの故障が頻繁だった事や、施設のテクノロジーが年月と共に劣化し、壊れた事が挙げられます。Vault 3のようなコミュニティの運命は、たった1つのチップの故障によって決定されてしまいました。

何も不具合無く機能し続けているVaultが、Vault 101Vault 112です。彼らのVaultの実験目的は、無期限に続くことを目的としていました。

知られている製品編集

知られている場所編集

Vault-Tec 総合本部ロサンゼルスVaultの近くに位置しています。Vault-Tec 本社コロンビア州連邦、ワシントン中心部にあります。ワシントン D.C.に存在するビルはロサンゼルス等のような他の市の支店です。

知られている従業員編集

ノート編集

  • 同社はVault-TekまたはVaultexと呼ばれています。Fallout Bible 0によれば、Vault-Tecは正しいスペルです。

外観編集

Vault-Tec のVault と彼らの開発した他のテクノロジーはFallout のゲームの全てで見ることが出来ます

舞台裏編集

Vaultの実験については、Fallout 2の開発初期段階でTim Cainにより考えられたアイデアでした。

Icon cut content.png情報はFallout 2 cut contentに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.
Vaultcontrolroom.jpg

Vault コントロールルーム

プレイヤーがFallout 2Vault 8の記録を読んだ時に、初めてVaultの社会保存に関する実験内容に遭遇するよう、開発者は意図していました。Vault 8の目的が「コントロールVault」(1000人を収容し、指定された時間に扉が開くようになっている)である事を説明している機密ファイルをプレイヤーは発見することが出来ます。このファイルは、他のVaultでも同様に恐ろしい実験内容のファイルを発見を促す事を目的としていました。

また、プレイヤーがVault 13の歴史、Vaultの住人の追放や監督官との関係、そして他のVaultの本当の存在目的を知るため、プレイヤーのScienceスキルをVault 13の中央コンピューターに使用することを開発者は意図しました。[2]その結果、Vault 13の監督官は社会的実験としてVaultの本当の目的を雄大な規模で意識しており、それに従い、更には、Vaultの住人が実験を台無しにしてしまうことを危惧して彼を追放した、というログを読むことを意図しました。

Icon cut content.pngFallout 2 cut contentに基く最終的な情報です

ギャラリー編集

参考文献編集

  1. Vault 101 terminal entries
  2. Fallout Bible 0

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki