FANDOM


 
Penny ArcadeGametitle-FO3
Penny ArcadeGametitle-FO3

これだけは覚えておいてほしい。Vaultは、決して人類を救うためのものではなかったことを…。

— Narrator

人形の男及びVault 77住人大戦争時にVault 77に避難したVault居住です。Vaultの実験によって、Vault 77は彼と箱いっぱいの人形だけでした。作中、彼の名前などの詳細な設定は明らかにされません。

人形の男の伝説編集

Vault内に入るまで彼にVaultの詳細は全く伝わっておりませんでした。人形の箱は、避難してから1年3ヶ月と12日の間は触れておらず、最初は犬の人形(後にポチ牧師と名付けられる)と王様の人形を使用しており、1年5ヶ月と7日の地点では、ばあやの人形も使用していました。作中、パペット人形であるはずのVault Boy人形と会話する等、この地点で明らかに精神に異常をきたしているということがわかります。

ある夜、王様の人形の首がもがれてるのを発見し、Vault Boy人形を疑い問い詰めましたが、Vault Boy人形からお前も共犯者と告げられたため、ポチ牧師に見つからないようにVault 77から逃げ出すことを決意します。しかし、1度Vaultのドアを開けた際に、とても巨大なラッドスコルピオンが外に居たため、"一晩考えてみないか?"と聞いています。

Vault 77を抜け出した後も無事でジャイアントアンアントのピンチ君に乗りながら、旅をしており、その時が12月にしては熱いことと、自身は冬が苦手という事が会話からわかります。また、グール化した人物と出会っており、彼の服装や人形の男からの"そっちのVaultはどうだった?"という問いに"熱かったよ"と答えていることから、このグールはVault 12の住民であることが予想できます。

ボブ単眼の奴隷商人に捕まり、このVault Boy人形はヤバイんだぞと脅しましたが、全く相手にされず、奴隷にするどうか話し合われていましたが、その状況から抜け出してボブを殺し、逃げ出した単眼の奴隷商人[1]の後を追ってキャンプらしきところに居た奴隷商人を文字通りバラバラにしました。そして、コミックの最後のページでは、惨殺された奴隷商人たちと血まみれになった人形、そして血まみれの彼が笑って立っており、"Vault 77の結果はあまりよくなかったが、これだけは覚えておいてほしい。Vaultは、決して人類を救うためのものではなかったことを…。"という形で締められています。

彼のその後はわかりませんが、Fallout 3孤独な放浪者は彼のものらしきVault 77ジャンプスーツパラダイス・フォールズで拾うことが出来、近くにあるホロテープから、これを燃やす指示を出しており、さもないと彼が取り返しに来ると恐れられていました。

それから200年近く経った2077年に彼が生きてるとは思えませんが、奴隷商人の恐れ方からしてウェイストランドの伝説と化しているようです。

登場編集

人形の男はFallout 3のWebコミック一人の男とパペット人形の箱に登場します。

Fallout 3で、彼のものらしきVault 77ジャンプスーツパラダイス・フォールズで拾うことが出来、"このクソジャンプスーツを燃やしてしまえ"という、このジャンプスーツに対してのホロテープが登場します。このジャンプスーツは人形の男の得意な戦い方であるUnarmedMelee Weaponsを上昇させます。

外部リンク編集

脚注編集

  1. この際、彼から人形ヤロウと呼ばれています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki