FANDOM


味は最高潮~ キミをノックアウト!

— カンパニースローガン
Icon disambig.svg
このページは 戦前の企業 についてのものです。 ソフトドリンク については、Nuka-Cola をご覧ください。
 
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FOT.png
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FOT.png

ヌカ・コーラ社 はその名を冠したヌカ・コーラがよく知られる、大戦争前 のソフトドリンクメーカーでした。

背景編集

ヌカ・コーラは2044年ジョン・カレブ ブラッドバートンによって発明されました。その独特な味はすぐに大きな人気を獲得しました。アメリカが終りを迎えるまで、非常に熱狂的な人気を誇るソフトドリンクでした。その後、今では広く知られている綺麗な青色のボトルが2052年に標準仕様として採用されました。市場調査プログラムでは、100人中86人が青色のボトルが好きと答えました。

ヌカ・コーラの成分は、炭酸水、カラメル色素、アスパルテーム(人工甘味料)、燐酸、安息香酸カリウム(味を保護する為)、天然香料、クエン酸、そしてカフェインです。トレードマークである独特な味を加えるためには、正しい割合で作られた17の異なった果物のエッセンスを加える必要があります。またいくつかのバージョンがビタミネラルとヘルストニックを含みます。2044年のパッションフルーツ不足の時、人々は風味が変わった事に気づきました。これは大規模なパッションフルーツ不足によって、独特の味を作るエッセンスの材料が不足したため、やむを得ず味を変えた為でした。

2067年までは、アメリカのあらゆる通りで実際にヌカ・コーラ自販機が稼働しているのを確認できました。

知られている施設編集

ワシントンD.C.ヌカ・コーラプラント - ヌカ・コーラ社の主力工場。世界で最も人気のソフトドリンクを生産するために、最先端の機器を使用し、1日24時間フル稼働で生産していました。

知られている製品編集

主要記事: Nuka-Cola

ヌカ・コーラ編集

核戦争後、ヌカ・コーラは終末を迎えた世界においても、最も人気のあるソフトドリンクの一つとなり、その多くは手付かずの状態で保存されていました。暖かくなり、汚染されて、その殆どが気の抜けた状態でした。ヌカ・コーラのボトルのデザインはシリーズによって異なり、Fallout 4では新しいデザインへ変更されました。

ヌカ・コーラ クリア編集

ヌカ・コーラ社はヌカ・コーラ クリアと呼ばれる新製品の開発に着手しました。ヌカ・コーラ クリアは実験段階で「最小限の死亡例」を記録しており、外見こそ違いましたが、味自体は従来のものとさほど変わらないものでした。ヌカ・コーラ クリアについてはヌカ・コーラ プラントの研究端末上で製法いくつかのエントリーを見つけることができます。しかしながら結局生産されることはありませんでした。

ヌカ・コーラ クアンタム編集

2077年、ヌカ・コーラ クアンタムと呼ばれる新製品が発売されました。キャッチコピーは、二倍のカロリー、二倍の炭水化物、二倍のカフェイン、そして二倍おいしい味!と宣伝されました。棚の上でより目立つようにするためと、消費者にインパクトを与えるために、クアンタムは軽度の放射性ストロンチウム同位体(加えて、18つ目のフルーツとしてザクロ味)が含まれました。[1]

ヌカ・コーラ クアンタムを飲むと、体が活性化され、青い光で明るく輝く効果がありました。これによる人体への影響は全く存在しないと食品医薬品局に記録されましたが、アイソトープの影響により尿が発光しました。ヌカ・コーラプラントで得ることのできるレポートには、商品開発段階での失敗や死傷者が今まで一切存在しなかったことが示されています。ヌカ・コーラ社はストロンチウム-90がクアンタムに最適な同位元素だということを見つけました。この製品は、ワシントンD.C.周辺の小さい実験施設で開発され、これにより得られたフィードバックを元に製品が生産、そして販売が告知されました。しかしこれは残念なことに大戦争の直前の出来事でした。

ヌカ・コーラ クォーツ編集

ヌカ・コーラ クォーツはアメリカ南西部独特の風味を持つ製品です。白い色合いと輝きを発する、透明な飲み物です。このヌカ・コーラは、飲んだ人間にCateye摂取した後に酷似するナイトビジョン効果を与えます。

ヌカ・コーラ ビクトリー編集

ヌカ・コーラ ビクトリーは、アメリカ南西部独特の風味を持つ、別のフレーバーのヌカ・コーラです。ヌカ・コーラ クォーツと同じ外見ですが、こちらはオレンジ色に着色されています。

チェリー ヌカ・コーラ編集

Mini-FOT Logo.png情報はFallout Tacticsに基いています いくつかの項目は、矛盾している可能性があります Falloutの正史を参照して下さい.

チェリー ヌカ・コーラは通常のヌカ・コーラのバリエーションのひとつです。しかし味に関してはかなり不評だった様で、ヌカ・コーラ社のマーケティングに大損害をもたらしました。これを受けてヌカ・コーラ社はすぐに元の味に戻そうと、新しいヌカ・コーラであるクラシック ヌカ・コーラを発売し、ヌカ・コーラブランドは事なきを得ました。

クラシック ヌカ・コーラ編集

Mini-FOT Logo.png情報はFallout Tacticsに基いています いくつかの項目は、矛盾している可能性があります Falloutの正史を参照して下さい.

クラシック ヌカ・コーラは、オリジナルのヌカ・コーラと殆ど同じ味ですが、新しいデザインのボトルに入っています。このヌカ・コーラはチェリー ヌカ・コーラによるマーケティング上の大失敗による損害を増やさないために作られたニューコークでした。

フュージョン ヌカ・コーラ編集

Mini-FOT Logo.png情報はFallout Tacticsに基いています いくつかの項目は、矛盾している可能性があります Falloutの正史を参照して下さい.

ヌカ・コーラ男、フィルは、ウェイストランドを自転車で走り回り、あちこちにあるヌカ・コーラの自動販売機の中身を詰め替える、報われない仕事をしていました。バカバカしい話ですが、その仕事は代々伝わる伝統でした。しかしフィルはその仕事に特に感銘もうけず、またヌカ・コーラがそれほど好きなわけでもありませんでした。彼はフュージョン コーラと呼ばれる何かを持っていたと噂されていました。それは濃縮されたエッセンスといくつかのヌカ・コーラのカスを一緒に溶かすことで作られる独特なヌカ・コーラで、未知の味だったとか。

イエロー ヌカ・コーラ編集

Mini-FOT Logo.png情報はFallout Tacticsに基いています いくつかの項目は、矛盾している可能性があります Falloutの正史を参照して下さい.

イエロー ヌカ・コーラはその興味深い色と臭いが特徴の、ヌカ・コーラの”バリエーション”の一つです。シカゴBrotherhood of Steelのもとに、この奇妙なヌカ・コーラについての報告がありました。しかしこの”奇妙な水を作った"のが”狂った裸の男”の手によるものだとすぐに特定されました。この事実を考えると、実際にこのヌカ・コーラを飲むことが誰にとっても”有害”であり、無謀な行為である事が分かります。つまりこのヌカ・コーラは、明らかに尿だということです。

ヌカ・コーラトラック編集

ヌカ・コーラトラックは、ヌカ・コーラのロゴラベルが右側に貼られた、赤いダイカスト合金製のオモチャです。ヌカ・コーラ配達用トラックがモチーフとなっています。ヌカ・コーラトラックはキャピタルウェイストランド各地やVault-TecVault施設で見つけられます。またモハビ・ウェイストランドではより多く見つけることが出来ます。フォート内部や、ミゲルの質屋、そしてVault 11の研究室のロッカーの中など。トラックはあちこちに置かれており、その中でも特に家の中に多くあります。

登場編集

ヌカ・コーラ社の製品は、Fallout: Brotherhood of Steel以外の全てのFalloutゲームに登場します。製造工場はFallout 3のワシントンD.C.に登場します。

舞台裏編集

  • 2008年のE3で、プロモーションアイテムとして本当に飲めるヌカ・コーラが配布されました。これは1950年代のコカ・コーラブランドのボトルに非常に近い外見でした。
  • ヌカ・コーラ社の創始者である ジョン・カレブ ブラッドバートンの名前は、コカ・コーラ社の「ジョン・ペンバートン」とペプシコーラ社の「カレブ・ブラッドハム」の名前を合わせたものです。
  • ロゴ、ボトルデザイン、市場の下落、およびその名前さえも、コカコーラに基づいています。

ギャラリー編集

参考資料編集

  1. "この製品は、味覚の頂点と呼べる飲み物です。17種のフルーツ味とコーラ独特の味のブレンドにより、さわやかな飲み心地を実現しました。また、新たに添加したストロンチウムにより、パワフルな刺激をお楽しみいただけます" – 輸送作業長ミロ

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki