FANDOM


 
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FNVGametitle-FOTGametitle-TAR
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FNVGametitle-FOTGametitle-TAR

メッド・テック (時には メドテックとも) は大戦争前の実績ある医療/薬品企業でした。主に医薬品であるメンタスフィクサーがよく知られています。

背景編集

メッド・テックは巨大な医療製薬会社でした。記憶機関の機能を高め、精神機能をスピードアップさせる効果を持つ、メンタス を開発したことで名声を獲得しました。

爆弾が落ちる直前、メッド・テック社はフルーツ味のメンタスの異なる風味を実験していました。この特殊なメンタスは国立公文書館で、クイズ正解者への景品に使用されました。これはメッド・テック者が出展のスポンサー契約をしていた為でした。実験的なベリー味オレンジ味グレープ味のメンタスがターミナルで引換券と交換できるようになっていました。しかし施設管理者は多くの不満を感じていました。

メッド・テックのあまり知られていない製品として、一時的に薬物依存症を治療するために開発された、フィクサーがあります。

メッド・テックはダンボールとブリキ缶の両方でそれらの製薬品を販売していたことで有名です。ブリキ缶は核爆発の影響を受けない可能性が"少し高い"だけでしたが。彼らの主な研究施設は、メッド・テック研究所です。

知られている製品編集

ノート編集

フィクサーのパッケージに書かれた会社の名前は"Med-Tex"であり、間違っています。

登場編集

メッド・テック社の製品であるメンタスは、FalloutFallout 2Fallout 3Fallout: New VegasFallout Tacticsに登場します。 フィクサーFallout: New Vegasにのみ登場します。他のメッド・テック製医療機器などは、国立公文書館の出展スポンサー契約のターミナルやエントリーと共にFallout 3に登場します。

メッド・テックの製品はFallout Onlineに登場する予定でしたが、インタープレイエンタテイメント社がオリジナルのProject V13を捨て、同名の全く無関係のプロジェクトを支持したため断念されました。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki