FANDOM


Here and Now head
翻訳が必要
このページは翻訳が必要な箇所があります。「編集」からFallout Wikiを手伝うことが出来ます。固有名詞の翻訳は固有名詞一覧を、見出しなどは用語一覧を参考にしてください。
 
Gametitle-FO2
Gametitle-FO2

-ああ、部族のことは頭になかったわ。あなたが文明のある町について聞いたから。まあ一応言っておくと、野蛮人の群れが一つ北西のどこかにあるらしいわ。それから、Sulikの部族の村が南西の遠いところにあるみたいよ。
- おかしいな。文明のある場所を言うとき、私の部族じゃ戦前の町は勘定に入れていなかったんだが。

— MaidaとChosen One

Maida Buckner2241年時、Klamathに住む商人でした。

背景編集

Maida is a plain looking, sturdily built young woman with a scowl on her face.[1] She is the daughter of Ardin Buckner and a member of the Buckner family of Klamath. Maida has a store with various items (mostly leather armor, first aid kits, knives etc). While she says she will give a good price for gecko pelts, her prices are no different to the other merchants in town.

プレイヤーとのインタラクション編集

インタラクション概要編集

General Services Quests
Companion: noIcon cross
Talking head: noIcon cross
Merchant: yesIcon check
  • Sells general goods
  • Restocks inventory
Modifies items: noIcon cross
Doctor: noIcon cross
Starts quests: noIcon cross
Involved in quests: yesIcon check

クエスト編集

他のインタラクション編集

  • The Chosen One can talk to Maida about paying Sulik's debt, although there are other ways to 'free' him. Despite Maida's prejudices against tribals, she has grown quite fond of Sulik and is not terribly happy to see him leave if the Chosen One orchestrates it.

インベントリ編集

服装 武器 その他のアイテム 死体
Clothing - - empty

登場編集

Maida BucknerはFallout 2でのみ登場する。

参考文献編集

  1. KCMAIDA.MSG, line 100

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki