FANDOM


 
Gametitle-FO2.pngGametitle-FNV.pngGametitle-VB.png
Gametitle-FO2.pngGametitle-FNV.pngGametitle-VB.png


地球が核の炎に包まれた時、人々は地中深くのシェルターへとのがれ、生き延びた。やがて、彼らはシェルターの扉を開き、新たな社会を、村を、部族を作るために、荒廃した世界へと旅立っていった。数十年が過ぎ、かつてアメリカ南西部と呼ばれていた地域は、旧世界の価値観、民主主義や立法をかかげる、新カリフォルニア共和国のもとに統一された。共和国は欲するがままに拡大を続けた。無慈悲で乾ききったモハビ砂漠に領土と富を求めて、東へと偵察員を送り込んだ

ロン・ザ・ナレーター, Fallout: New Vegas オープニング
FNV NCR Flag.png

NCRの現在の旗

Fo2 NCR Flag.png

双頭のクマが描かれた2241年時の旗

新カリフォルニア共和国は、Vault 15の居住者の残党により生まれた。Vault 15はVault 13の姉妹Vaultで、Vault 13よりも前に開き、居住者をウェイストランドへと追いやった。Vault 15の居住者はVaultを放棄し(残存する技術の殆どを取り除き、下層階を崩壊させた後)、居住者はVault 13と15の中間にシェーディ・サンズという小さな堀のある農場を設立した。2161年、この小さなコミュニティはアラデシュによって導かれた。

タンディの統治とエンクレイヴの衝突編集

南の確保編集

Vault居住者によるタンディの救済後、シェーディ・サンズの村は成長を続け、新カリフォルニアでの経済拠点となった。彼らはすぐにハブを最も影響力のある地に創り変え、2186年には新カリフォルニア共和国が形作られた。その際シェーディ・サンズはNCRに改名された。NCRの理念は新カリフォルニアへ急速に広まり、その道徳は旧世界の模しである。2189年までにNCRは、最初の五つの州を構成し、またBrotherhood of Steelの存在にも気付いた。これらの州はシェーディ・サンズ、マクソンロサンゼルスデイグローだった。

2196年、NCRの最初の大統領であるアラデシュが死亡。NCR評議会はこれに対し、娘のタンディを満場一致で二代目の大統領に選出した。2241年ジャンクタウンがシェーディ・サンズのNCR領地に加わった。またこの間、NCRの所有する大量のバラモンが経済成長の鍵となった。これは食糧として肉を、衣類用として革を提供し、サンフランシスコVaultシティのような他のコミュニティとの成長競争を強いられる要因となった。

2241年、NCRはニュー・カーンズの問題に直面した。NCRはVaultシティに対してプロパガンダ運動を行い、不法占拠者の町と化したVault 15の廃墟から住人を追い出し、併合を目指した。タンディによって選ばれた選ばれし者はNCRの代理人として行動し、ニュー・カーンズを壊滅させ、Vault 15の領土併合を導いた。

エンクレイヴ編集

北部でのNCR領土保有はエンクレイヴに筒抜けであったが、当初エンクレイヴは何の行動も起こさなかった。当時NCRと同盟を組んでいたBrotherhood of Steelがエンクレイヴと敵対していた為、NCRは数年の間エンクレイヴに対して平和的な処置を採っていた。しかし2246年、NCRはBrotherhoodと共にエンクレイヴへ攻撃を仕掛け、NCR対エンクレイヴ戦争が始まる。NCRはエンクレイヴを根絶するが、エンクレイヴの技術を理解することができなかったために、オイルリグとナヴァロを含む放棄された主要基地に残った技術を奪うことはしなかった。NCRは同時にバイパー、ジャッカル、そしてカーンズの残党を根絶やしにし、レイダーとの抗争を続けた。その後三つのギャングの残党は、モハビ・ウェイストランドへ逃げ延びた。

2242年から続いたNCR対エンクレイヴ戦争の間に、NCRとBrotherhoodの関係は悪化し始め、戦争後も彼らの排他的性質は変わらぬままであった。レイダーとの抗争の際、NCRの動き始めに対してBrotherhoodは協力を拒否し、時にはNCRへ攻撃を仕掛けた。

2248年、タンディは113歳でこの世を去った。その後NCRの第三代大統領にジョアンナ・ティベット が就任。エンクレイヴの残党(レムナント兵)はNCRやBrotherhood of Steelに潜伏していたが、多くは戦争犯罪で逮捕された。彼らは更にNCR領から離れ、2253年モハビ・ウェイストランドへと向かった。NCRはエンクレイヴと三つのレイダー部族を追ってモハビ・ウェイストランドへ偵察兵を送った。しかし殆どのスカウトがモハビのレイダーによって虐殺され、カーンズとNCR間の緊張を更に押し上げた。

この大虐殺は、ジョアンナ・ティベットが大統領から解任評決され、ウェンデル・ピーターソンが後任となるには十分な内容であった。ピーターソン大統領は着任後、NCR歩兵の大隊をモハビに三部隊派遣した。またNCRは、モハビのレイダーに手一杯だった為にエンクレイヴの事を次第に忘れていった。Mr.ハウスはNCRに感知されていない時期から彼らの存在を認識し、三大ファミリーの助力とセキュリトロンを使ってニューベガスを再建する計画を立てていた。

経済的なトラブル編集

Gametitle-VB.png情報はVan Burenに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

NCR対エンクレイヴ戦争の時期まで、新カリフォルニア共和国の経済は労働者への給与の支払いに苦労していた。NCRの鉱業チームの職長であるポーターは、370人の労働者へ給与が支払えない事をとても心配していた。ポーターは給与を支払うために、NCRの貯蔵庫と銀行を襲撃するという極端な措置を講じた。

ポーターは370人の労働者と共に倉庫と銀行へ行き、そこで爆薬を使って金庫を爆破した。しかしポーターの右腕であるD.C.ロワリードッジ副総督に強盗の計画を密告した為、銀行の金の延べ棒が奪われる前にNCRのオフィサーが現場に現れた。370人の労働者は制圧され、逮捕された。しかし同時に金も消えてしまった。

逮捕後、370の労働者たちはNCRの刑務所によって焼印などの拷問を受けた。2249年ドッジ副総督はポーターが金の延べ棒の所在を知っていると仮定し、ポーターが金を回収する事をと期待して脱獄を仕向けた。しかしこの脱獄によって、308人の別の労働者集団が逃げた。

370人の労働者集団は実際に金を盗んでいないにも関わらず、激しく非難されるようになってしまった。いずれにせよ金庫から金は消えたままで、NCRは景気回復の道を完全に失う結果となった。

Gametitle-VB.pngVan Burenに基く最終的な情報です

それ以降、新カリフォルニア共和国は政府全体を揺るがす重大な経済危機に直面した。この経済停滞は数十年間悪化の一歩を辿る。

2281年、NCRの金の延べ棒が失われた後、NCRの通過は金で賄えなくなった。しかしNCRの貨幣は希少な金属を使用している為依然として価値は残っている。正貨準備の廃止によってNCRの通過の価値は下がってしまった為、100ドル紙幣はNCRの領土内や店舗ですら額面通りの金額でなく、約40キャップほどとして扱われる。つまりボトルキャップとNCR通過の為替レートは2.5NCRドルに対して約1キャップである。

モハビの開拓と様々な戦争編集

ニューベガス条約編集

NCR poster.jpg

君の国のために今日を、君自身の為に明日を。 - NCR プロパガンダ ポスター

2253年、NCRはモハビ・ウェイストランドに到着した。同年、モハビのレイダーが38人のNCR市民を虐殺した。またNCRは2267年にモハビでグレートカーンズの存在を知った。2270年までにブルヘッド・シティ周辺の全ての部族を殺し、その土地に新たな名前をつけた。2271年以降、NCRは着実にその力を高めていく。レンジャー統一条約が締結され、より多くのNCR市民がモハビに移動した。2272年にはモハビ前哨基地が設立され、同時に過去に同盟を結んだBrotherhood of Steelとの関係、そして新カリフォルニアでの力の均衡は戦争により崩壊した。Brotherhoodは当初、テクノロジーと強力な武器により優勢であったが、NCRはその数を増やして戦争に勝利した。しかしモハビでのNCRとBrotherhoodの関係は、当面の間中立的なままだった。

NCRは2273年シーザー・リージョンに初めて遭遇し、スターリング伍長がシーザーの軍に拷問された。同年の後半、アーロン・キンバルが大統領に就任。しかしNCRはBrotherhood of Steelとモハビの開拓に傾注しすぎ、エドワード・サロウの成長し続ける軍を無視した。

軍事衝突編集

2274年、NCRの偵察兵がフーバーダムへの進入に成功する快挙を成し遂げる。しかしこれはニューベガスの復興を目指していたMr.ハウスの癇に障った。彼はいくつかのセキュリトロンをフーバーダムに送った。ニューベガスはMr.ハウスと三大ファミリーによって所有されていたが、NCRがフーバーダムを制圧し、その電力の5%をニューベガスへ送る決議が行われるまでの間に過ぎなかった。この決議案は、ニューベガス条約のもとで締結された。フーバーダム制圧後、NCRは古いマッカラン国際空港を陸軍基地へ改造し、キャンプ・マッカランとした。この作業は2275年に完了した。同年、モハビのBrotherhood of Steelとの最後の戦争が始まる。新カリフォルニアでは戦闘が続いていたが、NCRはヘリオス1を制圧下に置くため、モハビのBrotherhood of Steelの基地を見つけ出した。NCRは最終的にアポカリプスの使徒との関係を絶ち、自軍が運営する科学産業局を設立した。また、NCRの軍がラスベガスの廃墟に到着すると、彼らは街が輝いている事を家に帰って話した。

During the year, the NCR also become aware of Caesar's Legion, becoming apparent of their growing forces along the Colorado River. The Brotherhood launched a strike on the NCR's gold deposits, ambushing and destroying them. For that reason, expecting war with the Legion, the NCR decided to deal a crushing blow to the Mojave Brotherhood in 2276 via Operation: Sunburst. By taking over HELIOS one, the NCR was unsure if their war with the Brotherhood in the Mojave was truly finished. For the next five years the NCR kept a steady watch over Brotherhood activities, well aware of their continued presence in the Mojave.

FNV NCR Camp.png

NCR encampment near Primm

NCR.jpg

NCR Elite Ranger as shown in New Vegas

The very next year, 2277, Caesar's Legion attacked the NCR in what would be known as the First Battle of Hoover Dam. Though the NCR won the battle through strategy and pure luck, it was a pyrrhic victory as they too would be weakened. The NCR was severely disadvantaged, losing control of half the dam and expecting a second battle to take place. The war with the Brotherhood began to show it's aftermath as the NCR's gold-backed currency began to lose it's value. The NCR, in effect, was forced to lease electricity and fresh water to the Strip and other communities in the Mojave to maintain their position in the wasteland. In 2278, the NCR carried out the Bitter Springs Massacre against the Great Khans, a decision made to ensure that no raiders attacked them in their weakened position. The massacre and a subsequent battle at Red Rock Canyon finally finally bringing an end to their longstanding war with the Khans. The event was blacked out from the NCR's press in an event of media censorship.

By 2281, the NCR, took more of an expansionist role. Tension in relations with many factions in the Mojave Wasteland increased due to this new attitude. The Legion, under Legate Lanius, was gaining power and numbers again and got many to believe that it was stronger than the NCR. Once again growing wary of the Great Khans, the NCR set up a base near the Khans, occasionally sending scouts to the area. They would not engage in conflict, with the NCR aiming to maintain the ceasefire. In New Vegas, the NCR would also begin to grow reckless and aim to seize more power from the Three Families and Mr. House.

The NCR, aiming to increase their presence in the Nevada, would spend most of the year rebuilding the South Nevada Correctional Facility, which they would rename the NCR Correctional Facility. The NCR would initially use the convicts in the facility to rebuild the train tracks located near the highway. When the Legion returned, they recalled many of their soldiers to the Colorado River. This would prove to be costly and the convicts overthrew the remaining soldiers and took control of the facility. Taking the name Powder Gangers, they would constantly become a thorn in the side of the NCR. The NCR would remain ignorant of the Powder Gangers, though they would plan a recapture of the correctional facility.

A major blow to the NCR saw Nipton razed to the ground by the Legion. Led by Vulpes Inculta, a group of Legion troops set a trap for NCR troopers and Powder Gangers in Nipton. To show the town's apparent corruption, Vulpes Inculta staged a lottery where only the individual holding the winning ticket would be spared. Following this, the remaining residents were either killed, crucified or taken as slaves. The mayor of Nipton, who had attempted to sell out the NCR troops and Powder Gangers so he could gain a large sum of caps, was burned alive. This atrocity was soon followed by other setbacks for the NCR. Soon after, they would lose their presence on the east side of the Colorado River after losing to the Legion in the Battle of Willow Beach and the Battle of Arizona Spillway. The Legion would then begin to take land on the west side of the river from the NCR, by obliterating the camp Nelson and flash-incinerating Camp Searchlight with a nuclear device to transform survivors into feral ghouls.

This would put the morale of the NCR soldiers, led by Lee Oliver, at an all time low and put desertion rates in the NCR Army at an all time high. The main camp on the front lines is Forlorn Hope, which is full of depressed, constantly embattled soldiers. They are holding a defensive line across the Colorado River and preparing for the upcoming battle on the Hoover Dam that could decide the fate of the entire area. NCR forces are spread far too thin across the front to prevent the Legion from crossing the river, as illustrated by the attacks on Nipton and Ranger Station Charlie.

The NCR's main goal in the war with the Legion is to annex New Vegas by wresting it from Mr. House. This is to get them a more tactical advantage over the Legion, however, due to the Legion having had gained many territorial positions on the west side of the Colorado River, the NCR is unable to do so. This is because annexing New Vegas will require troops, many of whom will not guard various NCR outposts in the Mojave at a possible annexation and Mr. House's Securitron armies, even at Mark I, would leave the NCR army injured enough to allow a takeover by Caesar. The NCR is also overly cautious of Mr. House, as he aims to upgrade his Securitrons to the Mark II OS, something that will put the NCR at a serious disadvantage in a possible war as the sheer force would likely wipe out NCR control in the Mojave.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki