FANDOM


 ... 
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FO4.pngGametitle-FOT.png
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FO4.pngGametitle-FOT.pngGametitle-FOBOS.pngGametitle-FOW.pngGametitle-FB.png

人は、人は過ちを繰り返す

唯一の生存者

大戦争とは、2077年10月23日(土曜日)にFalloutの世界における核開発能力を有する国家(主にアメリカ中国ソ連)によって行われた核戦争の事である。核による大破壊は約2時間続き、最後の核弾頭が落ちた後、世界は核による大惨事と共に深い闇に包まれた。

前兆編集

化石燃料(石油)が2050年頃には殆ど枯渇し初め、世界的なエネルギー危機が始まったことが、長期に渡って脅かされてきた全面核戦争の引き金となった。Falloutの世界におけるエネルギー危機は、私達の世界のものと比較すると大きく異なる。エネルギー効率に優れたテクノロジーに電力を供給するのに絶えず化石燃料が必要とされ、また要求量が増加し続けた事が大きな原因である。それに加え、小型化された電子機材や、より進んだ製工材料を開発できなかった事も起因する。このエネルギー危機がもたらした結果は悲惨なものだった。世界中に残された未開発の石油資源を全ての先進国が確保しようとしたため、エネルギー危機は一気に深刻化した。結果として、天然資源を確保しようと切望する一連の軍事衝突が、地球を消費した。ヨーロッパ連邦2052年に油田資源が豊富な中東へ武力行使を行い、容認できないほどに高額になっていた石油価格へ対応した。その後テロリストの核装置と、2054年の限られた紛争参加者間の核交換によって、2053年12月のイスラエルテルアビブ市の破壊がもたらされた。

国連は平和を維持しようと努めたが、多くの加盟国が脱退していった。そして2052年に"資源戦争"と呼ばれる長い戦争の勃発後、2ヵ月足らずで国連は解散してしまった。石油の貿易交渉は各国で行き詰まり、太平洋に眠る最後の石油資源を一方的に確保したアメリカへ中国軍が攻撃を仕掛けた。2066年に中国はアラスカを侵攻、国内で暴動や戦争反対を掲げる市民の抗議を黙殺し、合衆国政府は軍事行動を起こした。その時アラスカの防衛を確実にするため、アメリカは2076年にカナダを併合した。

中国軍のアラスカ侵略を弱体化させるため、アメリカは2074年に中国本土へ侵攻を開始した。この反撃には初めてパワーアーマー部隊が投入され、強固な中国本土の防衛を突破し、アメリカの戦略は成功に終わった。その後アメリカ軍はパワーアーマー部隊を アンカレッジ前線に配備し、アラスカ解放に成功した。 中国軍は2077年1月にアメリカ国内から撤退。この勝利はアメリカによって開発された最新鋭の軍事技術(パワーアーマーやフュージョンセル燃料を使用した武器など)の投入による部分が大きいと考えられてる。資源の要求を却下された小国は、高騰し続ける化石燃料や小国同士の戦争により崩壊し、経済破綻していった。この資源戦争は2077年に勃発する大戦争により幕を閉じることになる。

大戦争の勃発編集

しかし悲しいことに、これは明白な事実です。制御可能な戦争の時代が終わろうとしているという事なのです。世界の偉大な指導者たちの思想に費やされた数十億ドルもの金は無駄にされたのです。なぜなら10年以上続いた戦争の後にも関わらず、明確な終幕がなく、明確な勝者がいないからです。つまり本当に、この時点で、大国は他にどんな選択肢を持っているのか、それも核兵器以外で?もちろん、そこが問題なのです。中国やアメリカが核ミサイルを発射して原子力爆弾を投下した時、言うまでもなく死傷者数は不明のままでしょう。つまり、誰も勝利を宣言することはないのです。

Boston Bugle article, by Mags Veccio

2077年10月23日午前12時03分、米海軍太平洋艦隊(COMPACFLT)は、カリフォルニアの海岸線の沖に3つの未確認潜水艦を発見し、それが中国軍の潜水艦であると報告した。そしてその3時間後の午前03時37分(東部標準時)、米空軍戦闘機がアラスカのベーリング海峡沖を高高度飛行中、未確認の航空隊を発見。合衆国政府は核兵器準備状態への突入、および核兵器以外の全戦力投入を宣言、デフコンは"2"まで引き上げられ、核ミサイルとみられる4つのミサイルが午前09時13分にヴェラ衛星(統合運用核検知システム)により検知された。4分後の午前09時17分、NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が爆撃機が展開されている事と、核ミサイルの発射を確認、同時にデフコン"1"が宣言された。午前09時26分には大統領によりレスポンスシナリオプロトコル「MX-CN91」が発動され、米国の核兵器即時使用が許可された。

午前9時42分、ニューヨークペンシルベニアへ核ミサイル攻撃、その5分後の午前9時47分、ボストンとワシントンへ核攻撃が行われた。

約2時間"大戦争"を象徴する核攻撃の応酬が行われた。そしてこの攻撃は、世界中の首都、都市、町で多くの生命を奪い、同時に文明を崩落させた。歴史上のあらゆる戦争で使用された全てのエネルギーをはるかに上回るエネルギーが大戦争の幕開けとして使用され、想像を絶する破壊力と共に世界を"再構築"した。大量かつ集中した原子爆発により発生した極度の圧力によって地形が変化し、多くの山脈が生まれた。世界中の川や海は核兵器に用いられた放射性物質により汚染され、気候は劇的に変化した。核爆発の衝撃波によって大気中に放出された放射性加工物は、地上に降り注ぐと共に致死量をはるかに超える超高濃度の放射線を地球にばら撒いた。地球上のほとんどの地域は砂漠化し、核による灼熱の夏が永久的に続いた。

誰が、あるいはどの国が最初に核弾頭を発射したのかは分かっていないが、 リチャードソン大統領は中国が最初に核を発射したことを示唆するような事を選ばれしものに話している。しかし彼が真実を語ったかどうかは謎のままである。

余波編集

多くのアメリカ国民は、2077年10月23日の空襲サイレンに耳を傾けず、別の訓練の信号だろうと思い込んでいた。そして核が地球を焼く前にVaultは閉じられた。また運の良い少数の人々は、下水道、地下鉄、排水施設、プロウスキー保護シェルター等に逃げ込んだ。ケラー家の例では、ナショナルガード補給地に入ることができた。しかし、厚い金属や洞窟などの核爆発の熱と衝撃波の両方を防げる、強力な防御力持つ場所(ランプライト洞窟レイヴン・ロックなど)に入れなかった人々は、大量の核爆弾の応酬から生き残ることはできなかった。また致死量の放射線に被爆した人々はグールとなり、独自のコミュニティを形成した。核の応酬を生き残った人々は最初のVaultが開かれる20年後まで、残酷な文明の基礎を作る事となった。

大戦争によって世界は破壊されたが、放射性降下物の汚染度は低レベル、あるいは許容範囲内であり、多くの地域が居住可能なままであった。地球のそれらの地域で生き残った人々は、戦前の文明の廃墟に住み続け、やがて新たなコミュニティや小さな町を作ることができた。

Around a week after the initial nuclear explosions, rain started to fall; however, none of it was drinkable. The rain was black; tainted with soot, ash, radioactive elements produced by the nuclear explosions, and various other contaminants produced by nuclear weapons. This rain marked the start of the terrible fallout that marked the true, permanent destruction caused by the Great War. The rain lasted four long days, killing thousands of species that had survived the initial destruction of the bombs, be they animals, plants, or microorganisms. Those few living things – human, animal, or plant – that survived after the rain ended were left to live in the now-barren wasteland that had spread across Earth, where nearly all pre-War plant life had died either in the initial explosions or from the intense radiation produced by the fallout.

Some major global cities were not completely destroyed by the explosions because of their relatively low explosive yields, and cities such as Washington, D.C. even managed to maintain intact buildings, despite relatively close detonations. However, most city streets across the post-nuclear United States were (and continue) to be blocked with rubble from collapsing edifices. In the ruins of Washington, D.C., most of the city's Metro system of subways remained intact. Though many Metro tunnels were blocked by collapsed masonry caused by the shock of the atomic explosions, the Metro's tunnel network remains the easiest, if not the only, way to move around the D.C. ruins.

Thanks to the efforts of Robert House, most of the city of Las Vegas, Nevada and the Hoover Dam remained intact, and many buildings still have electricity as of 2281. About 20 years before the Great War, House predicted when the bombs would fall. In the meantime, he installed defenses such as point-defense laser cannon turrets on the roof of the Lucky 38 casino, and heavy computing power to brute-force the disarm codes to the Chinese atomic warheads. The brute-force disarming handled the majority of the nuclear weapons targeting the Mojave region, while the lasers handled most of the rest before they hit Las Vegas. Had his platinum chip been delivered only a day earlier, an even greater area of the Mojave Wasteland could have been spared the terrible destruction. In time, the remains of Las Vegas came to be known as New Vegas.

Notes編集

  • There is debate on what time the Great War occurred and whether it happened in the morning or at night.
    • All clocks on the East Coast are stuck at 9:47.
    • In the Fallout: New Vegas add-on Honest Hearts, clocks found in the debris of Three Marys are also stopped at 9:47. This is despite the fact that Three Marys would be several time zones away from the East Coast, and so simultaneous bombings would not result in the same time stuck on the different clock faces.
    • According to the Fallout: New Vegas add-on Dead Money, the bombs were launched during the night of the Gala Event, suggesting that the nuclear holocaust happened when people were sleeping on the East Coast and getting home from work on the West Coast. This also supports the ideas that people simply did not heed the air raid sirens or didn't have enough time to get to safety.
    • According to Carrie Delaney's holotapes, the school was packing up to leave Little Lamplight after a field trip. Unless they were going to be staying in school overtime for the trip, this could place the East Coast bombs in the 2–3 PM time range.
    • Mr. House, meanwhile, says that the Platinum Chip was to be delivered in the afternoon of October 23, "but by then, the world had ended".
    • The beginning of Fallout 4 starts out in pre-War Boston in the morning, only moments before the bombs fall, showing that the Great War occurred at 9:47 in the morning rather than at night.
  • The war is sometimes referred to as World War III by fans and on the Fallout Trilogy PC cover. In the Fallout intro, the narrator states that "the storm of world war had come again". However, none of the in-game characters in the series have ever referred it as such.
    • In real life, however, a nuclear holocaust is usually associated with the hypothetical World War III.

Behind the scenes編集

Film.png情報はthe canceled Fallout movieに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

According to the script of the Fallout film, neither China, India, nor North Korea launched the first bomb. It was in fact Vault-Tec's executive of the vaults. He launched the first bomb to fulfill his own prophecy of nuclear annihilation.

Film.pngthe canceled Fallout movieに基く最終的な情報です

Gallery編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki