FANDOM



Icon disambig
Fallout 3 及び Fallout: New Vegas のPC用ゲーム改変エディター については、G.E.C.K. (エディター) をご覧ください。
Geck

The Garden of Eden Creation Kit

 
Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FOT2Gametitle-FOBOS2Gametitle-FB
Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FOT2Gametitle-FOBOS2Gametitle-FB

それはね、希望。望みなのさ。僅かな者が知る、僅かな希望。エデンの園創造キットと呼ばれる物が存在することを、古いディスクが喋ったんだ。この不毛な大地に、生命を作り出すことができると言われている。

アロヨの長老, Fallout 2 イントロ

ワオ、そんなものが装置の中に入ってるの? そんな事聖書には書いてなかったよ。

ジョン キャシディ

Garden of Eden Creation Kit (G.E.C.K.) は Vault-Tec 社Future-Tec部門によって開発された惑星改造モジュールです。装置の目的は核戦争後の荒廃した大地を生き返らせることでした。設計や装置のコンセプトは Dr.スタニスラウス ブラウン (天才的で利己的なVault-Tecの研究者)によって作られ、完成しました。

特徴編集

この装置の使い方 - 君の手で君の村を救いたいなら、水を加えて、かき混ぜろ!

Fallout 2 公式攻略&秘密本

そのキットは「G.E.C.K.」という小さな文字が書かれた、銀のブリーフケースの形をしています。 Vault-Tec社の広告によると、G.E.C.K.は核戦争の後、Vaultから外の世界に出た時に必要なすべての種子、肥料、そして他の設備(常温核融合パワージェネレータと基本的なレプリケーター)を含む機器が含まれています。

恐らく、Vault 8, 13, 112, 及び 101 を除くVault に"2つ" 以上配付されました。 Vault 8 に配付された余分なG.E.C.K.は Vault 13 のウォーターチップの予備と交換されました。(偶然か、否か、誰かのせいか、事故か、結局原因は知られませんでした) また、地上に出ることを意図しなかった為に、Vault101Vault112 には配付されませんでした。それらのVaultは居住者を永久的に監禁することが実験内容でした。

G.E.C.K.は特定の範囲内の物を全て分解し、生き生きとした生命や、恵みある大地を生み出します。

Fallout 3

エデンの園創造キット(The Garden of Eden Creation Kit)は荒廃した大地を根本的に変えるものであり、死んで汚染された土を綺麗で農耕に適したものに作り変える装置です。実際に確認されていませんが、これがFallout 2でのG.E.C.Kの基本的な機能です。しかし、G.E.C.K.の実際の動作に関して重要な問題が残っています。G.E.C.K.は Fallout 3 内にて実際に動作するシーンが存在しますが、適切に動作しているのか不明であり、(単に爆発し、主人公は死亡する為) 結果的にFallout 3でのG.E.C.K.の動作がどのようなものか分かっていないからです。

G.E.C.Kを作り上げた人々は、核戦争後の世界がどのような状態になるか、現実的な予想を全く考えませんでした。彼らは『徹底的なテスト』(それは正直な所、かなり疑わしい。Vaultの実験的性質は勿論のこと、セーフハウスプロジェクトは酷くまとまりがなかった)を実施したのにも関わらず、 Vault 8 の住人がG.E.C.K.を用いて再入植が可能だと考えていたようです。

G.E.C.K.の設計者は、Vaultの住人達がVaultに存在する様々な先進技術の使い方を知っている事を想定していました。彼らは世界が荒廃した後の人々や、あるいは他に考えうる不測の事態によって、彼らが戦前の人々より技術に関しての知識が低減していることを考えなかったのです。それに加え、世界に広がり始めた FEV ウイルスの影響や、放射能により変異した巨大なスコーピオン、ゴキブリやネズミなどに襲われる可能性があることを知りませんでした。

G.E.C.K.に含まれる種子と土壌補助剤は、即座に配合されます。しかし研究を支援していた政府の小委員会やG.E.C.K.のコンストラクターであるFurure-Tecは、それに関して特に心配をしていませんでした。なぜなら彼らはG.E.C.K.によって生み出された種子が、核戦争後の世界で生存できる事を『比較的確信していた』からでした。彼らは、『徹底的なテスト』を行い、『全ての結果は、最善の選択肢である事を示す』と結論付けました。まさにG.E.C.K.は奇跡ですね。…彼らの仕事の奇跡なのです。 Fallout Bible 6

実際の内容編集

GECK

Falloutの説明書の最後にある、G.E.C.K.の広告

G.E.C.K.は物質エネルギーレプリケーターと奇跡的なテラフォーミング装置として開発されました。起動した一定領域をエネルギーに変換した後、特定の分子パターンに合わせて再構築する仕組みです。これは実際に、Dr.スタニスラウス ブラウン、Vault-Tecの"科学の魔術師"によって実際に設計、制作された装置です。

G.E.C.K.は実際にはレプリケーターではありません。これは肥料システムを搭載しており、農業をする為に乾燥し、荒廃した大地(G.E.C.K.を受け入れる為にあらかじめ調整されて、月面のような区画が選ばれる)を豊かな土壌に変えることができるものです。様々な食物の種子、土壌補助剤、そして化学物質が含まれています。コミュニティを築き上げるのをサポートする(例えば、主となる都市の電力生産に、常温核融合電源が使される事を意図している)為、G.E.C.K.は使用する過程で"分解される"事が想定されています。そして必要とする人々の為に、G.E.C.K.は様々な専門書、米国議会図書館のライブラリ、百科事典などを同梱されているホロディスクに搭載しています。人々はより多くの知識の為、それらを必要とする可能性があるからでした。それにペン型懐中電灯も付属していました。これはただのオマケでしたが。

Fallout Bible 6

G.E.C.K.は元々の描写や設定、そして次世代機での描写や設定の2つの異なる存在と描写の矛盾を調整する為に、いくつかの完全な複製品以外は"宣伝用の複製品"とされ、西海岸のVaultへ配付された事になりました。しかしたとえG.E.C.K.が表面上だけの模造品であったとしても、本当にDr.ブラウンとVault-Tecによって確約された奇跡の装置であるならば、Vault CityNew ArroyoなどでみられるG.E.C.K.使用後の描写は一致しているものとなるでしょう。

Fallout 2編集

 
Gametitle-FO2
Gametitle-FO2

エデンの園作成キット。この装置は、Vault-Tecの全てのVaultの為の標準的な装置です。G.E.C.K.は、爆発の後の世界で文明を再構築するための資源です。水だけを入れ、かき混ぜます。

ArroyoVaultの住人によって設立された集落でした。アロヨの集落の人々は、その装置が再び汚染された荒野を豊かな土地に変えられる、神聖で魔法のアイテムだと伝えられていました。

部族の人々は、全ての問題はG.E.C.K.で解決するという様な、万能薬的な物と考えていました。彼らはそれが奇跡を起こす装置だと思っていました。G.E.C.K.は確かに有用な装置でしたが、彼らが考えているような"奇跡"を作るものではありませんでした。

Fallout Bible 6

G.E.C.K.は Arroyo の人々が想像していた神聖な万能薬ではありませんでしたが、あながち間違っていない部分もありました。G.E.C.K.は核戦争後のウェイストランドで生き残るためのコミュニティを作る、戦前の非常に優れた技術を持つ装置でした。大規模なテラフォーミングが可能な事もあり、計らずも本当に奇跡的な装置と言えました。いずれにせよ、Enclave Oil Rigの破壊の後、Vault 13 の居住者は、Arroyoを作り直す為にG.E.C.K.を使用しました。

Vault 8 (都市の成功がG.E.C.K.だけの成果であるかどうかは疑問が残るが) の元住民によって、G.E.C.K.は使用され、Vault Cityの設立に大いに役立ちました。Vault 8 の核融合ジェネレーターとG.E.C.K.を組み合わせることによって、Vault Cityの居住者たちは、建物を建設し、耕作に適した農地を作ることができたのです。

Fallout 3編集

Lone WandererがDr.スタニスラウス ブラウンがいるVault 112で自分の父を見つけた後、浄化プロジェクトを正常に動かすために、父親の犠牲が必要であった事を知ります。その後 彼(彼女) は G.E.C.K.が大量の放射能に晒された Vault 87 にあることを知り、そこへ向かうこととなります。

キャピタル・ウェイストランドにて、G.E.C.K.は極めて少数のVaultを除き、配付されませんでした。それはゲーム内でも言及され、非常にわずかなVaultにしかG.E.C.K.は配付されなかった事が暗示されています。おそらく、Vault 22Vault 106のような破綻する可能性の高いVaultでは、G.E.C.K.のような非常に高価な装置を配置すること自体、非論理的だと判断されたようです。またモハビ・ウェイストランドのいかなるVaultにもG.E.C.K.の存在が確認できる言及はありませんでした。G.E.C.K.についてはゲーム内やFallout Bibleで少し触れられる程度であり、G.E.C.K.の配付に値する価値のあるVaultにしか配付されなかったと思われます。

Fallout 3でのG.E.C.K.の仕様は、前シリーズのゲーム開発者が意図した"高度な農耕作業キット"よりもはるかに高度なテクノロジーを持つものでした。このG.E.C.K.には浄化プロジェクトの浄化装置の構成要素が含まれ、浄化器を流れるポトマック川の汚染水から全ての放射性粒子を取り除く機能をG.E.C.K.のテクノロジーが助けました。

Fallout 3 では、G.E.C.K.を回収するためにフォークスに手伝ってもらうことが出来ます。あるいは。Lone Wanderer自身がG.E.C.K.を回収する事が出来ます。この時プレイヤーはG.E.C.K.を実際に起動させることができます。しかし起動直後に青いエネルギーボールがプレイヤーを殺害し、G.E.C.K.の周りで拡大していきます。そして突然の発光の後、最後のセーブポイントからゲームがリスタートします。

Mutant GECKs編集

Fallout Tactics 2Fallout: Brotherhood of Steel 2 のストーリーは、"Mutant GECK"を中心として展開する事になっていました。Mutant GECKは放射性病原体に感染したG.E.C.K.であり、変異した植物や動物が広大な大地で生息を拡大し、飲み尽くしてしまう原因を作ったものでした。Tactics 2のG.E.C.K.は行方不明となっていた時、Brotherhood of Steel 2のG.E.C.K.はMiles Reeseと呼ばれる元ジャッカルギャングのメンバーに発見されました。両方のG.E.C.K.はFallout 3のG.E.C.K.のような高度なテクノロジーを持つものでした。

SDKとして編集

Fallout 3 SDK (ソフトウェア開発キット)、通称"G.E.C.K."と呼ばれいている物は、公式サイトにて公開されている、Fallout 3公式ゲームエディターです。Fallout : New Vegasでも同様のものが利用可能であり、公式サイトにてダウンロード可能です。

舞台裏編集

  • Chris Taylorによると、G.E.C.K.はFalloutの説明書としてJason AndersonLeonard Boyarskyによって作られました。これはFallout 2で実際にゲーム内にて使用されることを意図していませんでしたが、マクガフィン(動機付けや話の進行に使われる、色々なものに置き換えが可能なもの)が必要であったとき、使われる事になったのです。
  • G.E.C.K.(Fallout 3ではより意図された機能)は、映画 Star Trek: The Wrath of KhanStar Trek: The Search for Spockからの参照かもしれません。"Project Genesis" における ジェネシス装置Fallout 3のG.E.C.K.ように派手な演出の無さ(起動と同時にその半径のあらゆる生物を殺傷する)や、そこから生命を生み出すのに用いられている点などで類似点があります。
  • G.E.C.K.の2つの根本的に異なった描写や設定をどう説明するのか、Bethesdaからの明確な答えは全くありません。奇跡の装置としての物と、戦前の非常に有用な農業技術キットとしての、2つの視点が現在存在してしまっています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki