FANDOM


 ... 
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FOT.pngGametitle-VB.png
Gametitle-FO1.pngGametitle-FO2.pngGametitle-FO3.pngGametitle-FNV.pngGametitle-FOT.pngGametitle-VB.pngGametitle-FOX.pngGametitle-FB.png

中国に何が起きたのか? 不明瞭なレポート。中国は本当は存在しなかったのかもしれない

モイラ・ブラウンのターミナルエントリー, Fallout 3

中国、また正式には中華人民共和国 (PRC)は、Fallout の世界の中で、20世紀にソ連と比較的良好な外交関係を発展させ大国化した国家であり、21世紀ではアメリカの主要な敵対国でした。中国は米国と完全に競争可能な軍事力を持った経済超大国であり、ほぼ対等な力をもつか、あるいはアメリカより一定の分野において優っている描写がされました。例えば、中国は世界で最後の石油資源を掘削する試みを最初に行った国でした。[1]しかしこの試みはアメリカによって故意に妨害され、軍の破壊工作により失敗しました。これらの妨害が無ければ、中国は成功していたのではないかと示唆されています。また、アメリカ軍は中国が独自に開発した"Hei Gui"ステルスアーマーをリバースエンジニアリング(分解したりして構造を調査する事)し、不安定ながら手首装着型のステルスモジュール、ステルスボーイを開発しました。

政治体制編集

2077年、中国は一党支配による共産主義国家であり、[2] 支配的な政党は、中国共産党 (CCP) でした。大戦争以前、共産党の指導者はチェン議長でしたが、中国の最後の首脳はシン大統領でした。 また、米国への最後の中国大使はXiu-Lingでした。[3]


背景編集

米中戦争以前編集

中国は太平洋の海底深くに眠る最後の油田を採掘するため、アメリカと競争しました。米中戦争の前にも関わらず両国の関係は緊張状態でした。中国人の地質学者と石油探査技術者の仕事は、アメリカ人のスパイによって故意に妨害されました。アメリカは資源が自国のものであることを主張するために、エネルギー供給会社であるポセイドンオイル社に石油プラットフォーム(Oil Rig)を建設させました。これにより緊張関係は更に悪化し、最終的に 2066年のアラスカへの中国侵略へ繋がりました。そこではアンカレッジ前線が最初の、そして最も重要な戦場となったのでした。

米中戦争 (2066-2077)編集

Chinese flag.png

Operation: Anchorageで見られる中国軍の旗

Falloutの世界における核保有国としての中国に関する正確な情報は、いくら調べても不完全です。大戦争において、中国がどのような核兵器を、どれだけ多く使用したか、更には、他の多くの国との資源戦争の最中、アメリカがその時に核兵器を発射された唯一の国であったかどうかすら分かっていません。

  • 2066年: 中国は北京や国内の石油不足の為、アラスカの石油パイプラインと石油の備蓄を要求する。その後ジンウェイ将軍の指揮の元、中国軍がアラスカ侵攻に成功する。
  • 2067年: アンカレッジの戦いにおいてアメリカ軍が初となるT-45dパワーアーマーの実戦配備を行う。
  • 2073年: 中国はアメリカに対し生物兵器を使用し、更に攻撃的な姿勢を見せる。[4]
  • 2074年: 共産主義者からアラスカを取り戻すことだけを目的としていた米軍のパワーアーマー隊、歩兵及び機械化部隊が中国本土に配備される。しかし本土で身動きが取れなくなり、結果的にアメリカの情報と供給ラインの更なる流出につながる。
  • 2076年: T-51b パワーアーマーの開発が最終段階を迎え、開発が終了する。大戦争前の最高のパワーアーマー・テクノロジーが使われた、この最新のパワーアーマーを着た歩兵部隊が中国へ送られる。最新のアーマーを着た部隊は中国軍に大きな爪痕を残し初め、中国が併合した東、そして東南アジアの国々からの中国への供給は崩壊を始めた。そのすぐ後には、上海と南京の都市が米軍により占領された。
  • 2077年: 2077年10月23日、大戦争が勃発。ある時、ある核保有国の1つが、核兵器を発射した。それがどこの国なのか、どこから爆弾が来たのかすら分からない。人類史上最大級の大破壊が行われ、その圧倒的な報復攻撃は世界を破壊し尽くした。

詳しくは 大戦争 も参照して下さい

東部臨海地域への侵入編集

米中戦争中、中国軍兵士部隊はアメリカの軍事活動を諜報、妨害する目的でアメリカ本土へ潜入しました。彼らが潜入の標的としていたのは主にワシントンD.C.でした。中国特殊部隊チームのサポートもあり、彼らは次第にワシントンD.C.へ浸透し、ママ・ドルス工場やL.O.B.エンタープライズといった中国企業の建物へ身を潜めました。 また、大量の中国製兵器が共産主義者と中国人の潜伏員によって密かに輸送されました。これは非常に効果的な戦争を行うアメリカの軍事能力へ影響を与える為、首都であるワシントンD.C.に運ばれました。それとは別に、2人のエージェント(ワン・ヤンとチャン)がアメリカ海域で沈没した中国の潜水艦、SSN-37-1A を破壊する為、ポイントルックアウトに潜入していました。これはサイドクエスト、The Velvet Curtain で追うことが出来ます。

フーバーダム破壊工作未遂編集

Check Text: 翻訳の修正が必要かもしれません

Gametitle-VB.png情報はVan Burenに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

大戦争が2077年に始まる直前、中国のステルス部隊がフーバーダムへ破壊工作のために潜入しました。彼らはフーバーダムの機密ルーム、Sub-Level 1Cで遺伝学研究室を発見し、それを破壊しようとしました。中国軍は初めに、Scum Pits(発電室)に爆弾を仕掛け、その間に一部のステルス兵たちがSub-Level 1Cにも爆弾を仕掛けました。ところが爆弾の一つが暴発し、Sub-Level 1Cを含むフーバーダム内の施設全体を警戒状態にしてしまいました。Sub-Level 1Cのハッチは封鎖され、2、3人のステルス兵と4人の科学者が閉じ込められました。(ハッチが空いたのは彼らの死後でした) 混乱を伴う戦闘ののち、結果的に中国軍は破壊工作に失敗し敗北しましたが、中国軍にとって発電室を破壊できた事はSub-Level 1Cを破壊出来なかった事を除いても大きな収穫でした。Van Buren では、 Prisoner(Van Burenの主人公)がこのSub-Level 1Cに閉じ込められていた兵士たちを見つけ、彼らのステルスアーマーから材料を得ることができる予定でした。 [5]

Limit-115 研究室 への侵入編集

中国の"Hei Gui"ステルス部隊は、フーバーダム襲撃の際にLimit-115のサンプルを何とか盗み出しましたが、彼らは脱出の過程でそれを壊してしまいました。混雑するデンバーの公共区域で、あろうことかウイルスの入った小瓶を割ってしまったのです。彼らの撒いたウイルスは、新ペストとなってデンバーの街を襲いました。

大戦後の中国編集

サンフランシスコ編集

サンフランシスコの孤立したコミュティ、Shi のメンバー達は、大戦争の核爆発によるEMP(電子機器障害)によって座礁した中国軍の潜水艦 Shi-Huang-Di (初代始皇帝にちなんで名付けられた)の乗組員の子孫であると主張します。中国軍の生存者達はなんとか核戦争後の世界に適応し、皇帝の名が付けられた Shi という潜水艦に搭載されたスーパーコンピュータを回収しました。やがて潜水艦はその殆どが解体され、最終的にサンフランシスコの科学研究と高等教育の中心となりました。潜水艦はゲーム内において、重要な役割を担う予定でした。従来のミサイルで武装され、サンフランシスコ湾に隠されました。その目的は、エンクレイヴの本部として使用されたポセイドン社石油リグに向かい、ポセイドンの海洋船舶(PMV) Valdez を破壊しようしていたのかもしれません。

キャピタル ウェイストランド編集

中国軍の活動の痕跡は、2277年になってもキャピタルウェイストランド中に残っています。中国軍の残党はいくつかの場所で見つけることが出来ます。ブロードキャスト塔KT8 ではスパイ兵、ママ・ドルスでは中国軍部隊兵士、他にもランダム配置のようにキャピタルウェイストランド各地で中国軍の残党を見つけることが出来ます。アメリカ人民放送のようなラジオ放送はキャピタルウェイストランド内の特定の場所で受信することができ、中国のラジオビーコンから中国のアメリカに対するプロパガンダ放送が半永久的に流れ続けています。中国軍アサルトライフル中国軍ピストルズー・ロンv418中国軍ピストル中国特殊部隊の帽子中国軍: 特別軍事作戦、訓練用マニュアル中国軍将校の剣中国軍の軍服 の全ては、中国軍の潜伏員やアメリカの反逆者によって使用される予定で持ち込まれたものです。多くの中国軍の武器、衣類やラジオ機材はジェファーソン記念館の地下、タフトトンネル内で見つけることが出来ます。この事実は、国防総省ペンタゴンの地下に中国軍のスパイが存在したことを意味します。(タフトトンネルはB.O.S.の要塞へ続いており、要塞はペンタゴンの跡地なので) 中国軍の部隊とは、トランキルレーンOperation Anchorageシュミレーターの中で実際に遭遇することができます。

ポイント ルックアウト編集

ポイントルックアウトでは、SSN-37-1A というコードネームを持つ中国軍の隠密潜水艦が海岸沖で座礁しているのを見つけることができます。この潜水艦は、"敵対水域のパトロール" および、タートルダヴ収容所や新兵募集所を監視する為に送られました。さらに、ポイントルックアウト周辺に派遣されることを望んだ2人の中国軍潜入員が存在した証拠が残っています。彼らはその後捕らえられ、タートルダヴ収容所に送られました。この場所はThe Velvet Curtain のクエストが始まる2つの場所のうちの1つです。2人の中国軍潜入員は、エージェントワン・ヤンとエージェント チャンと呼ばれていました。このエリアには中国軍スパイバンカーも存在します。

モハビ ウェイストランド編集

中国軍はモハビ ウェイストランドで殆ど活動していません。しかしかつては活動していたようです。フーバーダムの中で2つの中国軍ステルスアーマーを見つけることができ、これらはフーバーダムの破壊工作中にSub-Level 1C に閉じ込められた中国軍潜入員たちが着ていたスーツです。さらにはキャピタルウェイストランドと同じように、モハビ中で中国軍: 特別軍事作戦、訓練用マニュアルを見つけることが出来ます。

連邦編集

連邦では、2287年現在でも稼動可能なレベルでの損傷を受けた原子力潜水艦 [[Yangtze]|揚子江]がボストン湾沖で確認されます。乗員はグール化した ザオ船長を除き、全員死亡又はフェラルグール化してしまっています。


中国王朝編集

Gametitle-FOX.png情報はFallout Extremeに基いています が,Falloutの正史には含まれない情報です.

中国の共産主義者たちは、大戦争を引き起こしましたが、彼らは戦争を終わらせる事ができませんでした。台湾のような国から皇帝の残党が国へ戻り、素早く赤軍から故郷を奪還しました。そして中国の新しい皇帝を誕生させたのです。新しい王朝は、終わりを迎えたアメリカに生まれた"Brotherhood of Steel"を好まず、彼らを滅ぼすためにmassive missileを建造しています。

Gametitle-FOX.pngFallout Extremeに基く最終的な情報です

中国の装備編集

Mini-FOT Logo.png情報はFallout Tacticsに基いています いくつかの項目は、矛盾している可能性があります Falloutの正史を参照して下さい.

ギャラリー編集

参考資料編集

  1. シエラ陸軍倉庫に残されたGNN調査書(戦前のTV,ラジオ放送局だったGalaxy News Network)より言及 (Fallout canon にはない設定)
  2. オリジナルのFalloutゲームの中で、中国が共産主義だという明示的な言及は、エンクレイヴの合衆国大統領、ディック・リチャードソンとの対話の中で存在します。リチャードソンは中国を「いまいましい赤色野郎」と呼びました。また、Frank Horriganとの対話ダイアログの中や、Van Burenの技術デモ、Fallout Bibleの年表の中でも共産主義と言及されています。Fallout 3 での中国の描写は、共産主義の国としてより明確なものでした。例えば、"トランキルレーン"のクエスト中にプレイヤーが戦前のアメリカ人の科学者による「"中国侵略"フェイルセーフ・サブルーチン」のプログラムを起動できる描写や、リバティ・プライムの予め記録された反共産主義スピーチ・インプットが起動される描写などにあります。
  3. Broken Steel 内の大統領専用メトロ PA システムが言及
  4. シエラ陸軍倉庫に残されたGNN調査書(戦前のTV,ラジオ放送局だったGalaxy News Network)より言及 (Fallout canon にはない設定)。中国の深海石油掘削装置は、いくつかの米軍による破壊工作により損傷を受けたが、これを理由とした戦争は行われなかった。
  5. 設備の一部やHei GuiステルスアーマーがVan Buren のスクリーンショットで確認できます。

情報源編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki