FANDOM


Icon disambig
the simulation in Fallout 3's Operation: Anchorage add-on については、Anchorage Reclamation simulation をご覧ください。
 
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FO3 OA
Gametitle-FO1Gametitle-FO2Gametitle-FO3Gametitle-FO3 OA

アンカレッジの戦い (別名アンカレッジ解放作戦,アンカレッジ戦役) は2066年に起こった、中国のアラスカ侵攻により始まる、軍と人民軍との戦いである。

背景編集

2067年、アメリカと中国間の緊張が高まる中、中国のアラスカ侵攻を危惧した合衆国政府はベーリング海峡全域に軍事駐屯地を確立しました。中国軍は太平洋に眠る最後の石油資源をアメリカに求めましたが、却下されました。中国は自国の石油探査技術者と地質学者をベーリング海峡に送りますが、米軍の特殊部隊により妨害されてしまいます。その後アメリカは資源が自国のものであることを主張するために、エネルギー供給会社であるポセイドンオイル社に石油プラットフォーム(悪名高いEnclave Oil Rig)を建設させました。これにより緊張関係は更に悪化し、中国軍はアラスカに侵攻。対立は一気に激化し正式に米中戦争が勃発します。ジンウェイ将軍の指揮の下、中国軍はアラスカの石油パイプラインと米軍の備蓄を制圧しました。

米軍は最前線で激しい攻撃を続けましたが、戦闘は長引きました。そこで最新兵器であるパワーアーマーを用いた専用部隊を投入することにしました。アンカレッジ軍司令官のチェイス将軍の指揮の下、冬用に改良されたパワーアーマー部隊が配備され、ついにアラスカのパイプラインはアメリカの手に戻りました。しかしその間、アメリカの物資はカナダを流れていたため、外交関係はよくありませんでした。アラスカ付近で行われた大規模な戦闘は、カナダがアメリカに吸収される大きな理由となりました。大戦争が起きるまで、人々はカナダを"アメリカの小さい州"と考え、カナダの人々の抗議は無視され続けました。

中国本土に直撃した悪天候や、恒常的なアメリカの爆撃、塹壕戦、そして米軍パワーアーマー部隊の組み合わせにより、中国の供給ラインはひどく弱体化しました。2077年1月にアンカレッジはようやく解放され、中国軍は排除されました。戦争により死亡した兵士のため、アメリカは記念碑をワシントンD.C.に築きました。国防情報局によると、2077年1月28日午後16時32分に米軍が中国軍の残党をせん滅し、同時にデフコンレベルを3にまで引き上げたとされています。

Appearances編集

The Battle of Anchorage appears in a simulation in the Fallout 3 add-on Operation Anchorage. Furthermore, it is mentioned in Fallout, Fallout 2, Fallout 3, and Fallout 4, and one of its participants was meant to appear in Van Buren.

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。